歌手になりたい!ボイストレーニングスクールの選び方

自分に合ったスクールでメキメキ上達!その選び方とは?

日本の歌にスポットを当ててみよう

歌がうまくなりたい!歌手を目指している。理由は様々ですが、声のトレーニングと言えばボイストレーニングスクールがポピュラーです。 しかし声の出し方や歌のうまさは可視化できない分、スクールへ通う必要性が分からないという声もあります。ここでは必要性にスポットを当てています。

ボイストレーニングへ行く理由

アナタは歌と聞いてどんなイメージを浮かべますか?コーラスや独唱などの人数だけでは無く、歌のジャンルなど人によって思い浮かべるイメージは多種多様です。
子どもの頃に親御さんに歌ってもらった子守唄を覚えている。
特定の歌を聴くとその時の思い出がフラッシュバックするなど、歌には様々な効果があります。

そもそも歌や音楽が日本で愛される様になったのはいつ頃からでしょうか。
日本には和歌がある様に、歌と結び付きが深く大和政権から既に歌という概念があったようです。
中国大陸や朝鮮半島から渡ってきたと言われていますが、具体的な方法は分かっていません。
平安時代になると渤海楽といって古くからある歌が中国大陸に渡る事もありました。
渤海楽は平安時代中期には高麗楽に吸収され、ゆくゆくは平安時代を象徴する雅楽になります。

中世になると平曲・謡曲・能・歌舞伎踊など、歌だけでは無く楽器や踊りなど大きく広がりを見せていきます。
これが「邦楽」の始まりです。
中世までの日本は中国や朝鮮などアジア圏の影響を大きく受けた邦楽が中心でしたが、それがガラリと変わったのが明治時代です。
ヨーロッパを中心にした西洋音楽が入ってきた事でクラシック音楽がベースとなり、リズムや使われる楽器にも変化が訪れました。
これらが変わった事で歌にも変化が見られ、第二次世界大戦後には西洋と日本の音楽が混ざり合った「現代邦楽」という文化が生まれました。
現代邦楽は今も私達に強く根付いています。

どうやって選べばいいの?

自分に合ったボイストレーニングスクールを見つけるには、いくつかのポイントに注意しなければなりません。 レッスン内容や先生の教え方、更には費用など、細かく吟味していく事が成功のコツとなります。初めてだからこそ、しっかりとスクールを吟味していきましょう。

自宅で出来るセルフトレーニングとは?

スポーツでも何でもそうですが、レッスンに全力でぶつかるのは当たり前です。大切なのはレッスン以外の時間で、どの程度自主トレが出来るか。また真剣に考えてスケジューリングするかによって上達度が大きく違います。 出来るだけ早く上達したい方向けの情報です。

Topへ
戻る▲